1. HOME
  2. >ビブラマイシン

ビブラマイシンは感染症に効果を発揮!さらに強力な薬もご紹介!

ビブラマイシン

ビブラマイシンは細菌が原因の感染症の治療に使われる抗生物質です。主に使われる症状としては、クラミジアやカンジダなどの性病やニキビなどがあります。他にも多くの感染症に対して有効なとてもすぐれたお薬です。

近年はクラミジアの治療は、より効果があるジスロマックやそのジェネリック医薬品であるアジーが主に用いられるようになっています。ビブラマイシンが1番多く使われるのは、ニキビの治療です。皮膚科でも同じ抗生物質であるミノマイシンと共によく処方され、ニキビ治療に使われています。

ビブラマイシンの主な効果

ビブラマイシンの主な効果は感染症の治療です。細菌の蛋白合成を邪魔することで、炎症を沈めてくれます。ビブラマイシンが使われる主な症状は下記になります。下記以外にも多くの病院でビブラマイシンは処方をされており、細菌が原因の炎症を抑えるために使われています。

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、骨髄炎、咽頭・乳腺炎・喉頭炎、中耳炎、歯周組織炎、炭疽、膀胱炎、尿道炎、淋菌感染症など

有効成分のドキシサイクリン

ビブラマイシンの有効成分はドキシサイクリン(ドキシサイクリン塩酸塩水和物)と言います。この成分は、テトラサイクリン系の抗生物質で、ミノマイシンと同じです。さまざまな細菌が原因でおこる感染症の治療に用いられます。細菌の増殖を抑える働きがあり、その働きによって感染症を治療することができます。真菌やウイルスが原因の病気に対しては効果はありません。

ニキビにはにビブラマイシン

ニキビにはにビブラマイシン

ビブラマイシンはニキビの治療に非常に多く使われています。悪化したニキビでも炎症を抑えて改善してくれます。また、細菌の繁殖を抑える働きがあるので、ニキビが出来ずらくなります。また、もし出来てしまってもビブラマイシンの働きによって悪化しずらいので治りやすくなります。

また、炎症を抑える働きは、ニキビ予防の効果にも期待ができます。ニキビが治ったあとも服用することで、ニキビが出来ずなります。ニキビは10代後半の思春期から20代前半にかけてたくさん出来やすく、多くの若者たちの悩みの1つです。ビブラマイシンはそんな悩みを取り除くのにとても役に立つのです。

ビブラマイシン以外にミノマイシンもニキビに効果的

また、同じようなニキビの治療薬としてはミノマイシンも多くの方に使われています。この薬もビブラマイシンと同じテトラサイクリン系の抗生物質です。ニキビ治療では、ビブライシンかミノマイシンのどちらかが使われることが多くなっています。

塗り薬で更にニキビ治療効果を高める

アダペンゲル

ビブラマイシンを使ってニキビを治療する際に、併せての使用をおすすめするのが塗り薬です。塗り薬を併用することでより効果的な治療が可能となります。皮膚科などで特に使われている塗り薬としては、ディフェリンゲルと呼ばれる物があります。この塗り薬は、2008年に国内での使用が認められた比較的新しい塗り薬です。アダパレンと呼ばれる成分が、従来の塗り薬では効かなかった毛穴のつまりに対して働きかけてくれます。その結果、皮脂の分泌が正常化しニキビを治療してくれるのです。

見えにくい毛穴のつまり、白ニキビ、赤ニキビと多様なニキビ、大人のニキビにも効果があります。ディフェリンゲルのジェネリック医薬品のアダペンゲルであれば、比較的安く購入することが可能です。

クラミジアにビブラマイシンは効かない?

クラミジア

ビブラマイシンはクラミジアなどの性病にも効果がある抗生物質です。しかし最近では、クラミジアの治療には同じ抗生物質であるジスロマックがその高い効果のため、使われることが多くなっています。その為、ビブラマイシンはあまりクラミジアの治療には用いられなくなってしまいました

クラミジアに対してビブラマイシンが使われない理由としては、ジスロマックでは1錠服用するだけで1週間効果が続き完治させることができますが、ビブラマイシンだと1週間~2週間に渡って薬を飲み続けなくてはいけません。その間に飲み忘れてしまうと効果がなくなってしまう場合もあるのです。その為、飲み忘れる心配がないジスロマックが1番最初に選択されるようになっているのです。

ただ、もちろんクラミジアを治療させることもできます。ジスロマックやクラビットを使用しても効かない場合や、どうしても手に入らない場合は、ビブラマイシンで治療を行ってください。

ビブラマイシンの服用方法

ビブラマイシンは50mgと100mgがあります。服用する場合は、1日目と2日目以降で飲み方が異なっているので注意が必要です。1日目は、200mgを2回に分けて服用します。服用する際は多めの水と一緒に飲むようにしてください。2日目以降は100mgを1回で服用します。症状や状況によって服用期間は異なりますが、通常は1週間~2週間ほど続けて服用します。

ビブラマイシンの副作用

ビブラマイシンは少なからず副作用があります。とくに胃への負担がおこりやすいとされています。その他に吐き気や下痢などの症状を伴う場合もあります。それほど症状が重くなることはありませんが、万が一症状が重く治らない場合などはビブラマイシンの服用を中止するようにしてください。その後、医師に相談してください。

ビブラマイシン服用の注意点

ビブラマイシン服用の注意点

ビブラマイシンは、妊婦、授乳中の女性、小児は服用することができません。特に胎児や小児は成長に悪影響を与えてしまう恐れがあり、場合によって骨や歯に異常が出てしまいます。

また、他の薬を服用している場合は、その効果を感じにくくなってしまったり、強くなり過ぎてしまう恐れもあります。その場合は必ず服用前に、医師に相談してください。

ビブラマイシンの耐性菌

ビブラマイシンのような抗生物質は、使用を長く続けるとその効果が効かない耐性を持った菌が出来てしまいます。これを耐性菌と呼びます。耐性菌になってしまうと今まで効いていた薬であっても効きずらくなってしまいます。その為、出来るだけ耐性菌ができないように注意が必要です。

ビブラマイシンをニキビの治療に服用する場合は、だらだらと飲み続けるのではなく、ニキビがひどい時にだけ続けて1週間~2週間服用をするようにするといいでしょう。そうすることで無駄に耐性を持った菌ができずらくなります。

カルシウムと一緒に服用しない

ビブラマイシンや同じテトラサイクリン系のミノマイシンはカルシウムと一緒に服用しないようにしましょう。一緒に服用してしまうと体にその効果が吸収されにくくなってしまいます。せっかく薬の飲んでも効果があまりないといったことになってしまうのです。その為、牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品や、カルシウムを多く含む食材は出来るだけ一緒に服用しないようにしてください。カルシウムを摂取する場合は、ビブラマイシンの服用との間隔を2時間ほど空けるようにしてください。

ビブラマイシンの犬や猫への使用

ビブラマイシンの犬や猫への使用

ビブラマイシンは、比較的毒性が少ない抗生物質のため、犬や猫にも処方されることがあります。人間と同じように細菌が原因の感染症の治療に用いられます。服用量はその動物の大きさや症状によって異なるので、必ず医師の処方された量を与えるようにしてください。また、人間と同じように副作用が生じることもあります。嘔吐したり下痢があった場合は、すぐに獣医に相談するようにしてください。

ビブラマイシンで感染症治療

ビブラマイシンで感染症治療

ビブラマイシンは、感染症に対して非常に良く使われる抗生物質です。以前はクラミジアなどの性病の治療にも使われていましたが、現在ではニキビの治療に主に使われています。同じニキビの治療薬としては、ミノマイシンも使われることが多くなっています。

これらの抗生物質とアダペンゲルなどの塗り薬を併せて使うことで、より早くニキビの治療をすることが可能です。ぜひニキビに悩んでいる方はビブラマイシンやその他のニキビ治療薬を使ってみてください。薬局等で購入できるものとは違う、高い効果を発揮してくれます。

クラミジアの治療には、ビブラマイシンよりジスロマックが効果的です。さらにそのジェネリック医薬品であるアジーであれば、価格も安いのでお得にクラミジアの治療が可能です。

クラビットなどクラミジア治療薬の通販
ジスロマックジェネリックの通販
メニュー
カテゴリー