1. HOME
  2. >クラミジアの症状

クラミジアの男女別症状

クラミジアの男女別症状

クラミジアは男性と女性では症状が異なります。考えられる症状や感染が原因で引き起こしてしまう病気などを男女別にご説明いたします。

男性

クラミジアの男性の症状

男性は女性よりも比較的症状が出やすく感染していることに気づきやすいとされています。一番多い症状で尿道に不快感を感じたり、かゆみなどを生じます。男性は感染していると尿道炎になりやすくなり、これらの症状も尿道炎からくると考えられます。通常菌に感染してから、1週間~3週間潜伏期間がありそして症状が出てきます。症状が出る前でも潜伏しているので、この時に関係を持ったパートナーなどは感染してしまう恐れがあります。尿道炎が出てもあまり症状が出ない方もいるので、そのまま性関係をもつ方も多いのです。

クラミジアの男性の症状

あまりつらい症状ではないがため、気にしない人がほとんどとなってしまうのです。さらに放置すると睾丸の周辺が炎症することもあります。睾丸が炎症してしまうと、痛みや、腫れたり、なにか異物が出来てしまうこともあります。さらに、悪寒を感じたり高熱が出たりなど明らかな体に対する異変を感じるようになります。さらにひどくなると、睾丸の袋部分が腫れあがって硬くなり、鼠蹊部分やおなかの下のほうに強い痛みを感じることがあります。最悪の場合、膿がたまって袋がやぶれることもあるようです。もちろんここまでひどくない場合が多いですが、放置してしまうとこのような症状が出る場合もあるという事は頭に入れておきましょう。

女性

クラミジアの女性の症状

女性は症状が出ないことが多く、ほとんどの人が感染していることに気づかないとされています。もちろんまったくでないわけではなく、中には重症化してしまう方もいます。症状の中で多いのが、おりものの増加や、異変、そして下腹部に痛みを感じることです。

骨盤の中に含まれている子宮や膀胱、直腸などが炎症してしまって起こる症状です。子宮頸管などが炎症してしまうと、卵子がつまってしまったり、子宮外妊娠などを引き起こしてしまうので、不妊症になってしまいます。子宮頸管がつまってしまうと子宮外妊娠などの方法をとらざる得なかったりしてしまうので、妊娠を希望している女性にとっては重大な症状となるでしょう。

クラミジアの女性の症状

そし一番問題なのが生まれてきた子に感染させてしまう事です。自然分娩をおこないそのまま子供に感染させて、赤ちゃんが失明したり、肺炎にかかってしまうことがあります。他に多くの症状がありますが、男女ともに同じなのがクラミジアや他の性病に感染していると、HIV(エイズウィルス)に感染する確率が数倍にも膨れ上がってしまうのです。

ジスロマックジェネリックの通販
メニュー
カテゴリー