1. HOME
  2. >服用方法や副作用

ジスロマックの服用

ジスロマックの服用

従来までのクラミジアの治療には多くの時間がかかり、服用回数の多い薬を服用しなければならず、患者さんの負担も大きく、飲み忘れにより治療期間が伸びてしまったり、患者さん本人の自己判断によって服用を中断してしまい十分な治療を続けられませんでした。画期的な治療薬の誕生により、従来までの治療方法とは異なり、治療期間も服用回数も短くすることが可能となりました。

ジスロマックとは、マクロライド系の抗生物質に分類され、1度の服用で薬の効果が7日間続き、その期間で治癒する確率が90パーセントを超える薬となっています。

ジスロマックの副作用

副作用

副作用も少なく、妊娠中の方が服用しても問題ないので安全性は高い薬でもあります。副作用は消化管系によく見られ、発現しやすい症状は下痢であり、小さい子供によく見られます。他には、嘔吐や吐き気や胃痛などの胃腸に症状が現れることもあります。 発現率は非常に低く稀なケースですが、発疹や水ぶくれ、目の充血や発熱を伴う場合には重篤な症状の前兆の可能性が高いので、そういった症状が現れた場合には医療機関にいくようにしてください。ジスロマックのジェネリックであるアジーも有効成分が全く同じなため、服用方法や副作用もまったく同じとなります。

クラビットの服用

クラビットの服用

この薬の前に治療に使われていた治療薬はクラビットと呼ばれるニューキノロン系の抗菌薬となっており、主成分であるレボフロキサシンは細菌系(淋病など)に対して効果が高い成分となりますが服用回数が多く、飲み忘れなどの原因にも繋がっていましたが、それは1錠250ミリグラムの服用であり、最近では500ミリグラムや750ミリグラムも登場してきているので従来に比べて、服用回数、服用量も少なくなってきています。クラビットのジェネリックであるレボフロックスも同じ服用回数、服用方法になります。

感染拡大を防ごう

感染拡大を防ごう

ジスロマックもクラビットも治療には非常に有効とされている薬なので、感染してしまった場合には服用するようにしてください。クラミジアは身近な病気であり、誰にでも感染し感染率も高く、他の性病への感染率も高くなります。症状を悪化させる前に、または大切なパートナーに感染を広げてしまう前に薬で治療を行うようにしてください。

ジスロマックジェネリックの通販
クラビットなどクラミジア治療薬の通販
ジスロマックジェネリックの通販
メニュー
カテゴリー