1. HOME
  2. >クラミジアの感染率

クラミジアは感染率が非常に高い性病!感染率を下げる方法は?

クラミジア

クラミジアは、非常に感染率が高く、他の性病と比較しても感染者数が1番多い性病です。クラミジアを感染した人と性行為をした場合の感染率は50%以上もあると言われているのです。ただし、クラミジアはきちんと感染を防ぐ対策をすることで、その感染率を簡単に下げることができます。しっかりとしたクラミジアの知識を持って感染を拡大しないようにしましょう。

クラミジアの感染率

クラミジアの感染率

クラミジアの感染率はたった1度の性行為で、50%以上もあります。この確率だと複数クラミジアの感染者と性行為をすることで、ほぼ感染するといってもいいでしょう。ただ、この50%以上という感染率は、感染している人のクラミジアの量や性行為の時間や方法、体調などによっても異なってきます。場合によっては、確率は少ない時もあれば、もっと高くなることもあるのです。

クラミジア量が多い感染者と性器の粘膜が長時間触れるような性行為をすれば、50%どころではなく、その感染率は100%に近付くはずです。1度のセックスで感染してしまう場合もあれば、何度かクラミジア感染者とセックスをしても感染しないこともあるかもしれません。どんな状況にしろ、クラミジア患者とのセックスはとても危険なのです。

クラミジアはとても感染率が高いので、感染の確率を下げるために予防が重要となります。普段からきちんと予防しておくことで、身を守ることができるのです。

女性の感染率

クラミジアは男性と比べて女性の方がより感染率が高いとされています。それは、女性の方がクラミジアに感染する部位の多いためです。男性の尿道と比較すると女性の膣は大きくなります。その為、クラミジアも容易に侵入ができるので、感染率が高いのです。

感染率が高いため、感染者も多いクラミジア

クラミジアの感染者数

クラミジアはとても感染率が高い性病ですが、それには理由があります。クラミジアは感染しても症状が現れにくいのです。男性で約50%、女性に至っては約80%の方がクラミジアに感染しても無自覚とされているのです。自覚がないため、クラミジアに感染しているということに気がつきません。その結果、クラミジアを放置し、性行為によって感染を拡大させてしまうのです。知らないうちに感染して、知らないうちにどんどん移してしまうのです。

クラミジアの感染者数は、平成28年度で24,396人いると厚生労働省によって発表されています。男性は11,723人、女性は12,673人です。女性の方が少し多くなっています。ただし、この数字には自覚がない人や、通販サイトなどで治療薬を購入して、個人で治した人は含まれていません。その為、実際の数字は、この数字の倍以上はいるのではないでしょうか。年間5万人以上と考えると、とても多くの人が感染しているのがわかります。感染率の高いクラミジアは、他人事ではなく、いつ自分が感染してもおかしくない性病なのです。

参考サイト:性感染症報告数(厚生労働省)

クラミジアの感染率を下げる〈感染を防ぐ〉方法

クラミジアの感染率を下げる方法

クラミジアは、予め予防を行うことで、その感染率を下げることは可能です。予防といってもコンドームを着けたり、不特定の人と性行為を行わないなど、それほど難しいことではありません。可能な範囲で予防をし、クラミジアに感染しないようにしましょう。

クラミジア患者とのセックスはしない

クラミジアの感染が分かった場合は、絶対に性行為をしてはいけません。逆に性行為をしなければ、感染を拡大させることはまずないといってもいいでしょう。また、まだ感染が分かっていない状態でも、性器の異常を感じた場合は、性行為をせずに様子を見たようがいいです。その際は、1度クラミジアや他の性病検査をして、感染をしているかを確認するようにしてください。検査は病院やクラミジア検査キットを使うことでもできます。

不特定多数の人と性行為を行わない

クラミジアは、人から人へと移っていきます。その為、複数の人と性行為を行わなければ、感染は拡大しません。また、特定の人とのみの性行為であれば、感染経路もはっきりしています。感染経路がはっきりしていれば、治療も行いやすくなります。

性行為を行う場合はコンドームを装着する

コンドームを着用することで、クラミジアの感染率を大幅に下げることが可能です。ただし、着用する場合は性行為の初めから着用するようにしてください。途中で着用する場合、性器同士が触れ合うことで感染してしまうこともあります。性器同士が触れ合わないようにするのが、感染率を下げるには大切です。

感染率の高いクラミジア(まとめ)

感染率の高いクラミジア

クラミジアはとても感染率が高い性病です。感染してしまうと重大な病気に発展したり、避妊の原因にもなります。しっかりと予防をし、クラミジアに感染しないように心がけてください。また、感染が分かった場合もすぐに治療薬で治療を行うようにしてください。

クラミジアの治療薬としては、ジスロマッククラビットの2種類が有名です。現在は、ほとんどの方がこのどちらかか、それらのジェネリック医薬品を服用して治療します。ジェネリック医薬品であれば、価格もとても安く購入が可能です。特にジスロマックのジェネリックであるアジーは人気があります。通販サイトであれば、病院に行くことなく簡単に購入できるのでとてもおすすめです。しっかりと治療をして、クラミジアの感染拡大を阻止し、感染率を下げるようにしましょう。

ジスロマックジェネリックの通販
メニュー
カテゴリー