1. HOME
  2. >クラミジアの感染者率

クラミジアの感染者率

クラミジアの感染者率

クラミジアの感染率は一回の関係で50%だといわれています。この確率は2回同じ相手と関係を持つことで必ず感染してしまう確率となります。もちろん感染しない人もいますが、逆に1回だけで感染してしまうこともあるのです。性病は一見すると遠い存在のようにも思えますが、全く逆でかなり身近な存在なのです。

先進国でナンバー1

先進国でナンバー1

クラミジアは日本で一番感染している人が多い性病ですが、その中でも女子高生が一番その割合が高いと報告されています。日本の性教育協会が現役の高校生を調査したところ、男子高生は6.7%で女子高生は13.1%もいることが分かったのです。さらにまだ1年生にもかかわらず、1年の女子高生は17.3%で、さらに関係を持った人が5人以上いる人はなんと30%も感染しているというのです。この確率はすさまじいもので、先進国の中でも日本が圧倒的にナンバー1となっているのです。

クラミジア

クラミジアは通常の挿入の性行為だけでなく、キスやフェラチオ、性器への愛撫などでもうつってしまう為感染経路が多いのが特徴です。したがって、口だけの行為を行ってもうつってしまうのです。日本の女子高校生の感染率が高い背景には日本の性教育が十分でないことが浮かび上がってきます。コンドームは避妊目的以外にも性病予防に対して重要で、妊娠希望でないのであれば必ず着用は必要です。口でもうつってしまうので、確実に防ぐことは難しいですが、少なくとも感染率を下げることはできます。

コンドーム

ヨーロッパのある国では、ある年齢になると無償でコンドームを配ったりする取り組みなどをしており、イギリスや、ベルギーなどは高校生のクラミジアの感染率は3%程度で日本に比べるとかなり少ないのです。日本では性行為=汚らわしいといったイメージが多いですが、性行為自体は人にとって必要なもので、知識をもって行うことが求められるのです。

クラミジアを拡大させないためには、まず自分が感染しているか知る必要があります。検査も簡単に行うことができ、治療も抗生物質を服用することで1週間程度で治せます。もし自分が感染していた場合はその時関係を持っている人は、同じく感染していると考えてよいでしょう。

ジスロマックジェネリックの通販
メニュー
カテゴリー