1. HOME
  2. >ミノマイシン

ミノマイシンでニキビなしのツルツルお肌!効果の秘密と副作用!

ミノマイシン

ミノマイシンは最近の増殖を抑える抗生物質で、主にニキビや性病クラミジアや淋病)の治療に用いられます。非常に抗菌力が強く、様々な細菌に対して効果を発揮します。現在では、性病(クラミジアや淋病)の治療よりも、ニキビの治療に主に使われており、悪化して赤く炎症したり化膿したニキビでも綺麗でツルツルなお肌へ導いてくれます。

そんなミノマイシンの効果や副作用、価格が安いのでお得なジェネリック医薬品の情報や通販での購入方法についてご紹介します。

有効成分のミノサイクリン

ミノマイシンの有効成分は、ミノサイクリン(ミノサイクリン塩酸塩)といいます。非常に抗菌力の強いテトラサイクリン系の抗生物質で、様々な細菌が原因の感染症の治療に用いられます。ミノサイクリンには、細菌が増殖するのに必要なたんぱく質の合成の邪魔をする働きがあります。その結果、細菌が上手く成長できないため、細菌の炎症を抑えることができます。炎症によって赤くなった腫れや化膿を抑え、痛みや熱がある場合はそれらを抑える働きがあります。

ミノマイシンが使われる主な症状

ミノマイシンは最近が原因の様々な症状に対して有効です。主な適応症は下記の通りとなります。皮膚科や耳鼻咽喉科、泌尿器科、婦人科、歯科など、様々な科で感染症治療に使われています。

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、中耳炎、歯周組織炎、炭疽、膀胱炎、尿道炎、淋菌感染症など

さまざまな症状への治療に使われるミノマイシンですが、中でも多く使われるのがニキビの治療に対してです。また、近年は使われる頻度は減りましたが、性病であるクラミジアの治療にも用いられることがあります。

ニキビ

ニキビ

ミノマイシンが1番使われているのがニキビの治療です。ニキビは顔のおでこや鼻、ほっぺなどが炎症を起こし赤く腫れたり、膿が溜まって膨らんでいる状態のことをいいます。主に10代~20代前半のの若者に症状が出やすく、若さの現れともされています。しかし青春真っ盛りの若者にとっては、ニキビは大きな悩みの種です。治っては新しいニキビができの繰り返しで、完全に治るまでは時間が掛かります。顔が赤く腫れてしまい、自分の顔を鏡で見るのも嫌と感じる場合もあります。また、放っておいたり、間違った方法で潰したりしているとニキビ跡が残ってしまいます。

ミノマイシンはそんなニキビの治療に非常に効果があり使われています。多くの皮膚科で処方されているニキビの治療薬です。

クラミジア

クラミジア

クラミジアは日本で1番感染者数の多い性病です。クラミジアの感染率は非常に高く、1度セックスを行うことで50%以上もの高い確率で感染するとされています。尿道や性器が痒くなったり痛みを伴い、じょじょに体の奥へと感染が拡大していきます。感染は、クラミジア検査キットを使うことで検査することができます。

近年では、ミノマイシンよりも感染が確認された場合は、ジスロマッククラビットが多く治療に用いられます。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマが原因の肺炎や気管支炎にミノマイシンが使われることもあります。通常はマクロランド系の抗生物質が治療に使われますが、これらの薬に耐性があるマイコプラズマも増えています。その際は、ミノマイシンをはじめとしたテトラサイクリン系の抗生物質によって治療されます。

ミノマイシンのニキビへの効果

ミノマイシンのニキビへの効果

ミノマイシンは、多くの皮膚科でニキビの治療薬として処方をされます。ニキビの治療方法として確立されており、とても有効な治療薬として認められています。

ニキビの炎症を抑える

ミノマイシンの効果は、静菌作用です。ニキビの原因となる最近の増殖を抑えてくれます。ニキビが改善し、ニキビが出来ずらくなります。また、赤くなったニキビや化膿して膿が溜まったニキビも炎症を抑えることで、改善し綺麗な肌へと導いてくれます。服用を続けることでニキビが出来ずらくなり、もし出来ても悪化させないようにミノマイシンが働きかけてくれます。

再発防止のためのミノマイシン

また、菌の増殖を抑える効果があるので、ニキビの再発の防止にもなります。ニキビは1度治ったからといっておさまるものではありません。二十歳前後の思春期であれば、長期に渡ってニキビができやすい期間が続くこともあります。その間に、ニキビができずらくするためにミノマイシンを予防薬として使うこともできます。使い続けることでニキビができるのを抑えてくれます。

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンはそれほど重大な副作用は少ないとされていますが、下痢や腹痛、めまいや吐き気などの副作用が出る場合があります。服用が増えることで、この副作用が出やすくなります。その為、服用する際は運転など集中が必要な作業はしないようにしてください。

他の副作用として、ごくまれに発疹やかゆみなどのアレルギーの症状が出てしまう場合があります。他の抗生物質を使用してアレルギー反応があった方は注意が必要です。

副作用は薬の効き目が収まるとなくなることが一般的です。副作用が長引く場合や重度の症状が出てしまった場合は、すぐに服用を中止して医師に相談するようにしてください。

ミノマイシンの服用方法

ミノマイシンの服用方法

ニキビの治療のためにミノマイシンを服用する際は、ニキビの症状によって服用量を調節する必要があります。1日1錠~4錠(50mg~200mg)1回か2回に分けて服用します。服用タイミングとしては、食前ですと胃に負担が掛かってしまう恐れがあるので、食後になります。たくさんの水と一緒に服用するようにしてください。

1度にたくさん服用するよりは、間隔をきちんと空けることが重要です。1度に多く飲み過ぎたからと言って効果が強く出るわけではありません。朝と夜に分けて、12時間間隔を空けて同じ量を服用することで、1日中効果を感じることができるはずです。

乳製品とミノマイシンを同時に摂取しない

ミノマイシンを服用する際に一緒に乳製品は摂取しないようにしてください。ミノマイシンの効果が薄まり弱まってしまいます。また、乳製品以外ではマグネシウムも同様に一緒に摂取しないようにしてください。体への吸収率が悪くなってしまいます。

ミノマイシンが効きにくくなっている?

ミノマイシンが効きにくくなっている?

ミノマイシンは、服用を続けることで、その効果が弱まり効かなくなってしまうことがあります。それは、ミノマイシンが有効であった細菌がミノマイシンに対して耐性を持ってしまうからです。このような菌を耐性菌といいます。耐性菌が出来てしまうと効き目がないので、別の治療薬を用いる必要があります。

特に以前は効果的だったクラミジアや淋病には、この耐性菌が多いため、ミノマイシンの効果が出にくくなってしまっています。その為、クラミジアの治療薬としては、別の薬であるジスロマックが第一選択肢となっています。

ニキビの治療薬としては、現在ではそれほど耐性菌は多くないとされていますが、もし使用していて効果を感じない場合や効果が感じにくくなった場合は、耐性を持った菌である可能性もあります。その場合は、別のニキビの治療薬に切り替える必要性があります。

ミノマイシンのジェネリック

ミノマイシンにはジェネリック医薬品と呼ばれる薬があります。ジェネリック医薬品は同じ成分が配合されているので、同様の効果があります。しかし開発費が安く済まされているので、価格が安く販売されています。近年では、ジェネリック医薬品の認知も広がり薬局で薬を処方される際も選択肢として提示されることが増えています。

アポミノサイクリン

アポミノサイクリン

ミノサイクリンが有効成分のアポミノサイクリンは、主にニキビの治療や性病クラミジアなどの感染症の治療に用いられるミノマイシンのジェネリックです。ミノマイシンと同じ効果がありますが、ジェネリックの為、価格が安いのでとてもお得です。50mgと100mgがあります。

ディヴァイン

ディヴァイン

皮膚科でニキビの治療に用いられることもあるのがミノマイシンジェネリックであるディヴァインです。ミノマイシンと同じミノサイクリンの働きによって、ニキビを改善し悪化を防いでくれます。ニキビの予防にも使うこともできます。それ以外にも様々な感染症の治療薬として使うことができます。

アカミン

アカミン

ミノマイシンジェネリックのアカミンは、非常にコスパに優れたジェネリック医薬品です。販売は50mgのみになりますが、1錠あたり42円~購入できるので、費用を抑えて治療をすることが可能です。また、様々な治療薬として使うことができるので、常備薬として家に一つ置いておくこともおすすめです。

ミノマイシンを通販で購入する

ミノマイシンを通販で購入する

ミノマイシンの購入は通販サイトを利用すること行えます。通販であれば、混雑する病院にわざわざ行って診察を受けて処方してもらうといった手間になる作業は不要です。いつでもどこでもスマホがあれば注文をすることも可能です。

また、通販サイトでは、価格の安いジェネリック医薬品のミノマイシンを購入することができます。効果は通常のミノマイシンと同じなので、コストを抑えたい方は、是非ジェネリックのミノマイシンを利用してみてください。

ミノマイシンの代わりになる薬

ミノマイシンは主にニキビの治療や性病クラミジアなどの感染症の治療薬として使われています。同じように、ニキビやクラミジアに効果がある服用薬をご紹介します。ミノマイシンが手に入らない場合や、効果が得られない時合は、ご紹介する薬で改善させることが可能です。

ニキビ

ニキビに用いられるのは炎症を抑えたりする抗生物質です。ミノマイシン以外にも良く治療に使われる抗生物質が幾つかあります。

トレティヴァ

トレティヴァ

トレティヴァはアキュテインのジェネリック医薬品です。ニキビの治療はもちろん、殺菌効果によりニキビの予防をすることも可能です。

イソトロイン

イソトロイン

イソトロインはアキュテインのジェネリック医薬品です。悪化して炎症を起こしたり、膿んでしまったニキビに対しても効果的です。

クリンダマイシン

クリンダマイシン

クリンダマイシンは悪化したニキビに対しても有効なニキビ治療薬です。悪化してなかなか治らないニキビを改善してくれます。

クラミジア

クラミジアに対してミノマイシンはあまり使われることはなくなりました。ほとんどが下記の2つの薬がクラミジアの治療には使われています。

ジスロマック

ジスロマック

1番最初にクラミジアの治療に用いられるのがジスロマックです。1度服用するだけで効果が1週間続き、クラミジアを治療してくれます。とても強力な抗生物質です。

クラビット

クラビット

クラビットもクラミジアの治療に使われることがあります。しかしジスロマックの効果が高いので、ジスロマックが効かない場合に使われるのが一般的です。

ミノマイシンでニキビ治療

ミノマイシンでニキビ治療

ミノマイシンはニキビに対して強い効果を発揮してくれる抗生物質です。ニキビの炎症を抑えて、膿んだニキビや赤くなったニキビを退治してくれます。是非辛いニキビで悩んでいるのであれば、ミノマイシンを使って治療をしてみてください。

また、それ以外にも性病クラミジアを始めとした多くの感染症に対して有効の万能薬です。ミノマイシンにはジェネリックもあり、価格が安いのでとてもお得です。通販であれば簡単に購入することも可能なので、ぜひ通販を利用してミノマイシンを手に入れてみてください。

クラビットなどクラミジア治療薬の通販
ジスロマックジェネリックの通販
メニュー
カテゴリー