1. HOME
  2. >クラミジアは怖い病気?

クラミジアは怖い病気?

クラミジアは怖い病気

クラミジアは自覚症状を伴う事が少なく、男性の感染者の5~6割の方が無自覚であり、女性は8割と感染している女性のほとんどが無自覚となっています。非常に危険性の高い病気でもあり、放置していると他の性病への感染率が高まり、HIV(エイズ)への感染の確率は3~5倍にも跳ね上がると言われています。

不妊の原因

不妊の原因

また男性は無精子症となることがあり、男性不妊の原因となり、女性は同様に不妊症や子宮外妊娠などの関連性が高まります。男性であれば尿道に女性であれば子宮頚管に感染します。尿道に違和感を感じたり、痒みや排尿時の痛み、あるいは膿が尿と一緒に排泄されるます。子宮頚管に感染してしまった場合、子宮頚管炎を起したり、正出血やおりもの増加、性行為時に痛みと伴い、下腹部に痛みが見られることがあります。下腹部に痛みがでる時は感染が進行しているので感染に気づくきますが、他の症状はホルモンバランスの乱れや体調不良、生理前などにもよく見られるため感染に対して無自覚になっていることが多いです。また男女の性器以外にも共通して咽頭(ノド)に感染することがあり、発熱やノドに痛みが現れ、扁桃炎や咽頭炎になってしまいます。

治療にはジスロマック

治療にはジスロマック

クラミジアの治療には抗生物質であるジスロマックを用います。ジスロマックとは、水に溶けにくい性質を持っているアジスロマイシン水和物が主成分となっており、従来の治療薬とは異なり服用回数も少なく1回の服用で良い事から、飲み忘れや自己判断での薬の服用中止などを回避することができ、治癒させることができます。水に溶けにくいため、薬が体内に留まる時間が長く、7日間ほど効果が持続します。その期間内に治癒する確率は90パーセントを超え、原因となっているトラコマティス菌を殺菌してくれ治療に高い効果を発揮してくれます。ジスロマックにもジェネリック(後発薬)が開発されており、その中でも「アジー」が人気となっています。同じ有効成分であるアジスロマイシンが主成分なので、全く同じ効果が期待できます。

治療にはジスロマック

パートナーとの関係を構築していく上で性行為は欠かす事ができない行為でもありますが、コンドームを付けないでの性行為は不用意であり、性感染症への感染リスクを高めてしまうことに繋がってしまうので、きちんとした対策を行うようにしてください。

ジスロマックジェネリックの通販
ジスロマックジェネリックの通販
メニュー
カテゴリー